株式会社セーフガード

371-0031

群馬県前橋市下小出町3丁目14-2 あうん館ビル3F

電話:027-231-0017

FAX :027-231-0019

承認番号 現AIG-関-15-37001 損害保険契約の締結の代理権を有しています

承認日 2015年1月8日

法人向け生命保険

FAXでのお問い合せ

     はこちらから

ご連絡先はこちら

株式会社セーフガード

〒371-0031

群馬県前橋市下小出町3丁目14-2

あうん館ビル3F

027-231-0017

027-231-0019

営業時間:9:00~18:00

(時間外も対応致します)

経営者や医師の皆様方が利用される法人向けの生命保険の場合、契約者となられる法人様の決算内容、役員・従業員様の構成(年齢・勤続年数など)、 退職に関する規定などにあわせて、それぞれに適したプランをご提案する事が必要です。
しかも毎年、企業を取り巻く環境や保険商品、税法などがめまぐるしく変化していきます。
ですから、定期的に見直す事が必要になってきます。

保険見直しのチェックポイント

加入目的と現在の保険の内容がマッチングしているかを分析しましょう。
 加入目的の主なものは一般的には以下の6点です。

 

  1. 役員の保障

  2. 従業員の保障

  3. 福利厚生制度の充実

  4. 相続・事業承継

  5. 事業資金の準備

  6. 役員退職金の準備

 

 当社では、このような加入目的にできる限りマッチングした保険商品のご提案を 心がけています。

会社経営者の効率的な退職金の作り方

会社の経営者にとっての楽しみでありまた悩みとして退職金を準備する事があります。
 退職金をいかにして効率よく準備するのかをご一緒に考えて見ましょう。
 儲かっている会社なら損金で落としたいですよね。
 では儲かっていない会社なら意味がないのかというとそんなことはありません。
 仮に法人資産計上で退職金作りをしても個人がもらう際に退職所得控除がありかつ2分の1課税など有利な課税制度が適用できます。
 同じ金額でもらう場合、給与でなく退職金で受け取るほうが可処分所得が多くなるのです。

保険商品の損金性と貯蓄性

また、個人契約と違い法人契約の場合には、保険料の経理処理や解約返戻金の使途など会社の財務内容に大きな影響を与える場合も考えられます。

一般的に商品自体の貯蓄性が高いと損金性は低くなり、逆に貯蓄性の低い商品ほど損金性が高くなります。

従って、経費で落ちるからといって必ず良い保険と言い切れるものではありません。 経費で落ちる商品が良いのか、資産計上の商品の方が良いのかはその保険に加入する目的如何によって大きく変わってきますので、目的に適した商品選択が重要となります。

当社では、お客様のニーズに合わせた保険商品を提案しています。

保険見直しの手順

  1. 証券分析

    現在ご加入の保険の内容をあらゆる角度から分析いたします。

  2. ニーズ分析

    お客様の現在の不安や、保険に対するご希望を納得のゆくまでお聞きし、何が必要なのかをご一緒に考えていきます。

  3. ご提案

    上記の分析結果をもとに、貴社の財務内容や業態・人員構成に最も適したプランをご提案いたします。

  4. メンテナンス

    ご契約後は、保険金・給付金の請求・各種お手続きは全てお任せ下さい。また、提携税理士・社労士より得る 最新の税制改正や金融情勢の情報・社会保険制度改正の情報をもとに状況の変化にもいち早くご対応いたします。


このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。 ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け当該商品のパンフレットをあわせてご覧ください。

お問い合わせはこちら 027-231-0017 

受付時間    9:00~18:00